スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
生まれました


7/19 15:29 に無事に3130gの男のコを出産しました

病院へ着いてから約13時間半、
初めて経験する陣痛は、
今まで経験したことないような痛さで、
一晩中背中をさすってくれた夫がどんなにありがたかったか
わかりません

終わりの見えない苦しさに
時間が永遠に感じて途方に暮れたり、

それでも生きようとして必死に動き続ける
わが子の胎動を愛おしく感じて励まされたり

目の前で起こる出来事に
自分の母親や、今までも、今も、お母さんになった方々全てが、
同じことを経験して、
新しい命を繋いできたんだと
そんなことに思いを馳せたり

生まれたわが子の声が初めて聞こえてきたときの、
なんとも言えない不思議な感覚

夢なんじゃないかなと、
ぼんやり思いながら、
わたしのところへ連れてきてくれた
わが子の手足の動き、しゃっくりに、
「ああ、間違いなくわたしのお腹で動いていた動きと同じだ」
と確信したり

命を生み出すということは、
本当にすごいことだな...と、
取り留めもなく、
いろんなことが頭の中で、
わたしの体を通して、
怒涛のように通り過ぎて行きました

改めて、世のお母さんたちを尊敬します


この場を借りて、
遠くから、近くから、
ご心配をお掛けしたみなさんに、
心からお礼申し上げます

そして、一晩中付き添ってくれた夫、
家族にも、本当にありがとう


生まれてきた赤ちゃんは本当に元気で、
目を大きく見開いてはいろんなものを見回し、
何を思っているのか、
何もかもを物珍しく、
時折、感動しているような仕草を見せます

お腹にいる時から、
出かけたりするとぽこぽこ動き、
音楽を聴いたり、
動物を見たり、鳥の声が聞こえるとまた動き、
という様子だったので、
早く世界を見たいんだな、
たくさん、いろんなものを見せてあげたいな、
とそんなことを思っています

取り留めもなく書き留めましたが、
今の気持ちを残しておきたくて、
乱文ですが

本日退院です

こうしてゆっくりさせてもらった時間ともしばらくはお別れだな、
と思いながら

また少しの時間でも見つけたら、
こちらに書き記していきたいと思います





diary - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>