スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
久しぶりの更新
前回の更新からうっかり1ヶ月を過ぎてしまいました。。
みなさま、お変わりありませんか?

さて、わたしのお腹も順調に大きくなり、
もういつ出てきてもいいよーというところまでやってきました。

もうお腹はすいかを抱えているようにぱんぱん。
赤ちゃんも狭そうです。

「あっという間だねー」
と会う人会う人に言われますが、
個人的には慣れないこと、知らないことだらけで、
それでもわが子に会える日が待ち遠しくて本当に長かった...という思いの方が強かったりします。

小さな人がお腹にいることが初めてわかった日のこと。
今まで経験したことのないどうしようもない気持ち悪さとの闘いの日々。
一体何を食べたらよいのか、
どうやって過ごしたらいいのか、
本当に自分の体が自分の体でなくなったような、
心細くて、わからなさすぎて、
少しでも情報が欲しくてiPhoneで毎晩毎晩不安を掻き消すように何かを検索し続ける日々...

「これがいいよ」
と聞けば、端から試し、先輩ママたちの話を真剣に聞き、
地域の主催のママパパクラスなどへ通ってみたり、
慣れない体調不良とも折り合いをつけながらも必死でここまでやってきました。

とはいえ、一番の大仕事がこれから待ってはいるのですが...
あともう少しで終わりで、またもっと想像を絶するような日々のはじまりで。

今はどうしようもない眠気と、だるさと浮腫みとで、
横になっていることが多いのですが、
そんな中、川上未映子さんの「きみは赤ちゃん」読みました。

ご自身の妊娠から、出産までのエッセイです。

実際に私自身も経験するまで、全く未知の世界だった分野の話ですが、
だからこそ、経験してみてわかること、
三者三様の物語が、こうしている今も繰り広げられているんだなぁと思うこと、
共感すること、考えさせられること、感じることがたくさんあって、
出産前にこの本を読めてよかったなぁと思っています。

妙に冷静な描写に、一人で大笑いしてしまったり、
世のお母さんたちのことを思って涙してしまったり、
まだ見ぬわが子のことも、わたしもそう感じるのだろうかな、と
感慨深くも物思いに耽ってしまったり。

まだ物言わぬわが子のいる大きなお腹を撫でては、
ふむふむ、へー、わーわかる〜、あはは、
と言いながら最後には大号泣。

こうして砂のようにあっという間に指の間をすり抜けていく一刻一秒を、大切にしたい。
そして、大変かもしれないけれど、
未来はきっともっと素敵だ、と思えるような本でした。

ぜひ、たくさんの方にも読んでいただきたいです。


・・・
さて、久しぶりに静岡のFossetさんへ少しですが納品させていただいております。
お近くへお出かけの際にはぜひ、お立ち寄りください。

Fosset


lullはしばらく出産のため活動をお休みさせていただきます。

お店へのお問い合わせなどは引き続き行っておりますが、
お返事にはお時間をいただいてしまいますので、
ご理解いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。





music etc. - -
胎内記憶
みなさんは、胎内記憶という言葉をご存知ですか?

わたしも最近友人に教えてもらって初めて知ったのですが、
生まれてから3歳くらいまでの子どもの3割は、
お母さんのお腹の中にいるときの記憶があるらしいのです。

中にはお母さんのお腹の中に入る前の記憶のある子もいるそうです。

大変興味深い話ではありませんか?


「かみさまとのやくそく」
という映画でそのお話が聞けるそうなのですが、
あいにくわたしの住んでいる山梨では公開していない模様。。泣

↓こちらはその予告編です。




うーん、、気になるーーー!!

すぐに映画は見られないものの、
こちらの映画で紹介されている産婦人科医の
池川明先生が書籍を出されていらしたので早速読んでみました。

やー、不思議な世界ですが、
読んでいて涙がぽろぽろこぼれてきてしまいました。

本当なのか、どうなのか、
信じる信じないは賛否両論ありそうですが、
わたしは、こうだったら素敵だなーと思うことを
できることなら信じていたいなと思っています。

この話を聞くまでも、
毎日お腹の赤ちゃんに話しかけていましたが、
この本を読んでますます話しかけるようになりました。笑

面白いんですよ。
朝起きて、赤ちゃんに「おはよう」と言ってお腹をぽんぽんすると、
ぽんぽんしたところに赤ちゃんがぽんぽんを返してくれるんです。

まだこんなに小さいうちに、自分の意思があるのかなぁって、
感心して、感動しながら毎日過ごしています。

この子が生まれてきて、
お話ができるようになったらわたしもちょっと聞いてみたいです。







music etc. - -
はまっています
最近、大宮エリーさんにはまっています。

いつも作業をしているときにはラジオを聴いていることが多いのですが、
J-waveの番組で初めて大宮エリーさんのお話しているところをちゃんと聞いて、
なんて面白い方なんだろうと思ったのがきっかけです。

とても繊細で、うんうん、と共感するところもあり、
ええッ?!となるような不思議なところもあり、
本当に目が離せない(耳が離せない?)です。

そんな感じです 笑

ラジオ番組のアーカイブもありますので、
もしご興味のある方はぜひ。

THE HANGOUT


そして、新刊、買ってしまいましたよ。

まだ読み途中ですが、
はじめからいきなり衝撃なはじまり。

これは外へ持ち出して読んでしまったら危険です。
笑ってしまって、、

まだまだ目が離せません。
大切に読もうと思います。





music etc. - -
クリーニング

ふと本屋さんへ立ち寄ったとき、
気になって手にした本がありました。

アファメーションや、冷え取り靴下はわたしもかねてから
実践してきてはいたのですが、
今回気になったのは、いつもなんとなく目には入ってきてはいたものの、
読み飛ばしてしまっていた「ホ・オポノポノ」という
ハワイで古くから伝わる問題解決法というものでした。

日々起きる出来事は自分の中にある記憶の再生によるものであって、
自分の身に起きるすべての出来事は100%自分の責任である、
という考え方です。

その記憶をクリーニングすべく、

「ありがとう」
「ごめんなさい」
「許してください」
「愛しています」

この4つの言葉を心の中で唱えるというのがホ・オポノポノなのだそうです。

この言葉を唱えると、ちょっと心に余裕が出てくるような、
冷静になって自分を振り返る、
よい瞑想のような感じがして日々続けています。

気になった方はぜひ、実践してみてくださいね。




music etc. - -
おいしいごはん
おいしいごはんを作れる人って、
すごいなぁって思います。

絶妙のタイミングで、
ほかほかの温度で、
丁度いい塩加減で、
体にゆっくり染み込んでいくような優しいお料理。

まだまだそんな理想とは程遠いなぁと思いながら、
いつかそんなおいしいごはんを、
当たり前に出せるようになったらいいなぁ。

高山なおみさんの本の表紙がとても素敵で読んでいます。
お塩を使う前にフライパンでちょっと炒ってしゃっきりさせること、
紅茶を淹れる前にあたためたポットで茶葉を少し蒸らすおまじない、
毎日のごはんを慈しむような、
素敵な文章にうっとり。

この本をぼろぼろになるまで読み込んだら、
わたしもおいしいごはんを作れるようになるでしょうか。




music etc. - -
| 1/9 | >>